モビットで申込みをする時の審査と在籍確認

MENU

モビットで申込みをする時の審査と在籍確認

★概要

 

モビットではその他の消費者金融同様に、年収や会社、信用情報をメインに審査を行います。その他雇用形態や、住居環境、他社の借入れなどもチェックをします。
このような審査に通れば、在籍確認不要のWeb完結申込の利用も可能になります。

モビットで申込みをする時、今日中にお金を借りたいという事ならば、審査や在籍確認に掛かる時間を考慮して申込みをしたいものです。
モビットの審査は最短で30分と言われています。実際にはそれよりも時間が掛かる事も多く、時間帯、平日以外の申込みでは即日融資を受ける事は難しくなります。

 

モビットでは平日14時50分までの申込みならば、Web完結申込を利用できますので、電話確認をする事無く審査が完了します。即日融資にはこの時間までに振込み依頼が済んでいる必要があります。

 

モビットの審査で重要な事とは

 

借入れの契約成立を左右するのは、審査の結果が全てとなります。審査の基準はそれぞれの金融機関により違いがある為に、同じ消費者金融であっても2社の内の1方の審査にだけ通るという事もあるようです。
それでも基本的な審査項目はどこの金融会社も共通しているようです。

 

モビットでも基本的な審査項目はチェックをされています。主な項目とは以下のような事になっています。

 

  • ●最も重要な項目:年収、勤務先、信用情報
  • ●その他の仕事に関する項目:勤続年数や雇用形態
  • ●住居に関する情報(持ち家・賃貸、ローン・家賃、居住年数)
  • ●他社での借入れ状況

 

このような事がモビットの審査でも調査され、総合的なスコアとして計算されます。
年収が少ないと審査に落ちるという事はありませんが、初めに付与される借入れ限度の枠に影響をする可能性があります。

 

勤務先は大企業の方がより審査に有利になります。また公務員の人もまた審査ではポイントが高いようです。

 

信用情報に問題があると審査に落ちやすくなります。過去に自己破産などの債務整理があれば5年〜10年はその記録が残る為に、その期間にキャッシングの申込みをすると審査でチェックされる事になります。

 

また大きな事故情報でなくても、長期延滞があると信用情報にキズを付ける事になり、審査では不利になります。

 

他社の借入れは3社までは問題がないと言われているようですが、それぞれの金融会社によって基準が違うので、一概には言えないようです。審査で問題になるのは他社での借入額の合計ではなく、借入れの件数であると言われています。

 

 

審査で気になる在籍確認とは

 

審査では上記のような事がチェックをされますが、その他に金融会社では審査の一部として在籍確認を行っています。貸金業者は、利用者が申込みをする時に申請をする勤務先に本当に雇用されているか確認をします。万が一虚偽の申請をしていれば、在籍確認の段階で発覚する事になります。申込みの時には全ての欄に事実のみを記入する必要があります。

 

在籍確認では、申請した会社の電話番号に業者から電話が掛かって来ます。それでも社名を名乗る事はありません。職場で借金がバレる心配はありません。

 

 

〈モビットなら在籍確認なしでもキャッシングが可能に〉

 

それでも知っている人は薄々気づいてしまうかも知れませんから、そんな時にはモビットのWeb完結申込はオススメと言えます。
三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を持っている事と、健康保険証を提示する事で、Web完了申込が利用できるので、電話連絡を省略して審査を受ける事ができます。

 

 

土日の在籍確認と書類の提出

 

給与明細や健康保険証の提出をする事で、在籍確認の代わりにする事ができる方法があります。プロミスではこの方法により、土日の在籍確認を書類で行う事ができます。土日であっても在籍確認が取れない場合でも融資が可能になります。
またレイクやアコムでは借入限度額を10万円に抑える事で在籍確認なしでも借入れが可能になります。